痛みがない施術

潤い

美容皮膚科などがあるクリニックで受けることができるムダ毛処理の方法がレーザー脱毛をはじめとした各種医療行為による施術法です。
医療行為である以上、その施術は医師が行っており、当然仕上がりに差異が出ていきます。
このためクリニックによって脱毛の技術は変わってくるため、どこの医療機関を選ぶかは満足のいく施術を受けるために最も重要なプロセスと言っても過言ではありません。
そのためのクリニック選びとしてはいくつか重視したいポイントがあります。
まずは施術者がしっかりとした技術を持っているか知るために、医師免許を取得しているかチェックをしておきます。
レーザーなどを使った施術はそもそも医療行為のため、医師免許は必須です。
また別のチェックしたいポイントにカウンセリングでの対応がしっかりしているかも重要です。
腕の良い医師は、この点でも説明や受け答えが万全です。

ムダ毛の悩みを抱えているのは何も現代人だけではありません。
古来より人は美容や美肌に対して強い興味があり、特に女性はその思いが強いために、紀元前以前から様々な手法でもってムダ毛を処理しようとしてきた歴史があります。
例えば紀元前3000から4000年ほど前の地中海地方や、古代オリエントではすでに脱毛剤の使用が確認されています。
硫黄や石灰、デンプンなどを配合した物で、それに水を加えてペースト状にして女性たちは用いていました。
また日本でも江戸時代には遊郭の女性の間でアンダーヘアの処理が流行しています。
軽石を2つ使って陰毛を挟み込んでこすり切る方法や線香を使うことで焼き切る方法などが用いられていました。
現代ではクリニックでの医療脱毛といえば、レーザーを持ちた手法が一般化していますが、このレーザーは1983年に発表された論文がきっかけで、開発がはじまり、日本では1997年に輸入されたレーザー脱毛器が始めて使用され、以降は定着していきます。