しわに効果抜群のボトックス効果を試そう【美容の力】

ウーマン
  1. ホーム
  2. 施術後も日常生活が送れる

施術後も日常生活が送れる

相談

施術の流れと注意点

ボトックスを注射したときにはいつもと同じように日常生活を送ることができますが、効果を維持するためにまた安全のために気をつけることがあります。額にボトックスを打ったときにはフェイスマッサージは控えます。注入部位から他にボトックスが広がってしまいます。洗顔やクレンジングは可能ですが圧力をかけないようにお手入れしていきます。3〜4日経てばマッサージも可能です。寝るときにも額を枕に押し当てないで寝ないようにします。マッサージと同じですが圧がかかってしまいます。3〜4日経てば額をつけて寝ることも可能です。注射をした当日にアルコールを飲んでしまうと血流が良くなって内出血や腫れ、赤みの原因となってしまいます。翌日からはアルコールの摂取も可能ですので一日だけ我慢します。多少腫れが気になる人やボトックスの効果を持続したい場合にはアルコールは一週間ほど飲まないように、腫れがひいてから飲むようにします。サウナや長風呂も血流が良くなってしまいます。当日はシャワーで済ませるようにします。ボトックスはふくらはぎにも注射をすることができますが、注射後数日から一週間は違和感がありますし、激しい運動は控えるようにします。日常生活を送るうえでは問題はありませんし、軽い運動も大丈夫です。ボトックスはシワへのアプローチや小顔効果などさまざまな美容効果を期待することができますが、施術を申し込むときにはカウンセリングのの予約から行います。予約はインターネットが手軽ですが、電話でも可能です。カウンセリングは無料で行われます。カウンセリングでは自分の希望を伝えながらも、ドクターの経験と知識から総合にアドバイスを行ってくれます。施術方法だけでなく、経過なども伝えてくれます。予算が配慮された見積もりを作成してくれ、当日追加料金が発生することはありません。カウンセリングをしたからといってそのクリニックで施術を必ず受けなくてはいけないということではありません。気になるクリニックがあれば他のクリニックにてカウンセリングを受けることも可能です。施術を決めたら、スケジュールは自分に合わせて決定し、ドクターのスケジュールも一緒に押さえます。当日は担当ドクターによってボトックスの注入が行われますが、時間は5〜10分ほどです。注入部分のメイクは避けますがそれ以外は可能ですし、洗顔も当日から可能です。スケジュールや施術によってはカウンセリング当日そのままボトックスの注射を受けるということも可能です。遠方から訪れている場合や複数回の通院が難しい場合には即日施術を行うクリニックもあります。